浄化センター維持管理

浄化センターについて

西都市下水道浄化センターは清水地区にある市の下水道処理施設です。
下水のなかには様々な成分が含まれており、そのまま自然へ放流した場合、
下流の生物が死んでしまったり、雑菌の繁殖により衛生環境が悪化したりします。
市内の下水は浄化センターへ集められ、

  • 大きなごみや砂の除去
  • 沈殿物の除去
  • 微生物を使った有機物の除去
  • 消毒による殺菌
などを経て川へ放流されます。

当社の業務

下水の流入量や成分は日々変わるため、放っておくと適切な処理ができなくなります。
また、施設内の機器が正常に働いているか確認する必要があります。
当社は西都市の委託により浄化センター内に常駐し、24時間体制で処理状況を監視しています。

TOP